医療事故 予防接種で体に異常

医療事故を考える

予防接種で体に異常が出てしまいました

娘が予防接種を受けたのですが、その予防接種が原因で娘が体調を崩してしまいました。インフルエンザが流行っているということで、感染してはいけないと病院で予防接種を受けたのですが、その予防接種が原因で娘は体のマヒを伴う後遺症を負ってしまうこととなってしまいました。

良かれと思って予防接種を受けさせたのですが

娘がインフルエンザにかかってはいけないと思い、良かれと思って予防接種を受けさせたのですが、予防接種が娘の体には合っていなかったようで、娘の体の免疫反応で、予防接種後に娘の体に異常が生じてしまったようです。まさか予防接種で体を悪くすることがあるなどとは全く思っていなかったので、予防接種が原因で娘の体がおかしくなってしまい本当にショックで、どうしていいのかわからず途方に暮れています。

予防接種による副作用や危険性を説明してくれていれば

今思えば病院側もきちんと予防接種による副作用や危険性を説明してくれていればこんなことにはならなかったと思っています。今回の出来事はまさに医療事故と呼ぶべき事故だと思い、このような場合に病院側に責任追及をできないものかと考えています。娘の今後の治療にかかる費用も相当のものがかかるでしょうし、娘の体を元通りに直してほしいとも思っています。これから病院側と交渉していくことになると思うのですが、このような場合に自分一人で病院側と戦っていくことはできるのでしょうか。