医療事故 生活保護

医療事故を考える

薬物について

じぶんは現在29歳の男性会社員をおこなっております。これは自分の祖父の医療事故の体験談となっております。10年ほど前であるので、自分も当時は覚えておりませんが、当時はタクシー会社に勤務をしておりました。祖父はそこで交通事故にあってしまい、腰を強打してしまったのです。車の玉突き事故となってしまい、仕事もできない体になってしまいました。ですが、しっかりと治療をすれば、改善をする可能性がありました。医療事故によって仕事ができない体になってしまったのです。

液体自体にも問題ではなく

腰に穴をあけて、液体を流して、治療をおこなっていくといった内容でありました。液体自体にも問題ではなく、しっかりと効力があるものであったのですが、祖父には相性が悪かったようで、容態がさらに悪化をしてしまったのです。自分たちは弁護士などに相談をさせていただき、賠償金などをしっかりと請求をさせていただきました。

生活保護を受けて生活

祖父は現在では生活保護を受けて生活を送っております。このときは自分としても、病院側をほんとうに、うらんでしまいました。この医療事故が起きなければ、祖父はもう少し仕事をおこなうことができていたのではないかと思っております。もうおきてしまったことなので、取り返しはつかないのですが、自分としても思い出すだけでほんとうにショックで仕方がありません。