医療事故 薬が効かない

医療事故を考える

効果の無い薬を飲まされ続けてしまい

これは私が経験したことで、胃の調子が悪い状態になっていたため、とりあえず病院へ行って診察を受けることになりました。この時に逆流性食道炎に近い症状が出ていることを伝えられて、薬によって治療をすることになりました。説明に書かれている薬は、食道付近の炎症をしっかり止めてくれて、症状を緩和してくれると書かれていましたが、飲み続けてもあまり効果が生まれることが無く、何かおかしいなと思っていました。

医師の方に相談したら

医師の方に相談して、この薬が効いていないように思われますがという話をしたところ、説明に書かれている薬と渡されている薬が間違っていることがわかり、別の病気に効果のある薬であることも説明されました。すぐに薬局へ行ったのですが、当時の担当者がいない上に、薬を間違って渡したことについてたいした謝罪もしてくれませんでした。本来なら別の問題が起きてしまう可能性もあったので、謝るくらいはして欲しいと思っています。

医療事故に大小はない

賠償金を取るべきなのか、それともこのままで終わらせるべきか、色々と悩んだ上で弁護士への相談を考えているところです。このまま薬を間違えましただけでは済まされないことで、もし別の病気に使うもので、副作用が出てしまえば大きな問題になっていたと思います。こうした小さな医療事故でも、相談して今後につなげていかないと駄目なのかなと思います。