人工呼吸器ミスによる障害

医療事故を考える

人工呼吸器関連でトラブルに

私の身内なのですが、人工呼吸器関連でトラブルになってしまい、医療事故により一時危険な状態になってしまいました。呼吸ができなくなってしまい、危険な状態になっていたのですが、これが人工呼吸器のトラブルによるものと説明されました。トラブルなら理由をしっかり話すべきだと思いますが、そうした理由については明らかに伏せられていたのです。それがおかしいと思い、本当のことを話してくださいと言いましたが、なかなか対応してくれませんでした。

人工呼吸器トラブルによる傷害

もしかしたらいえないことが起きているのではないかと考え、医療事故の関係について考えていくことにしました。人工呼吸器のつなぎ忘れが要因ではないかと考えてみたのですが、それなら早々に気づいているのではないかと思ったのです。呼吸困難になったことで、脳にダメージが当たってしまい、その人は障害が残ってしまったので早めに解決したいと考えていました。

弁護士に依頼することで専門知識が得られる

弁護士の方に相談することで、人工呼吸器に関する話はできるといわれたので、早々に話をしてみることにしました。もし言わないというのは、大きな問題と言えることでもありますので、そうしたことがあるなら早々に対応したほうがいいですよということを伝えてくれました。協力してもらって、とにかく早めに真実を知りたいと考えているので、これからも弁護士の方に協力してもらおうと思っています。