人工透析ミスによる後遺障害

医療事故を考える

家族が人工透析でミスになり

私の家族は人工透析を受けているのですが、その時にミスが発生しました。血圧が急激に下がったことで、色々な障害が出てしまい、気づくのに遅れて死の一歩手前まで行ってしまったのです。これによって後遺症が残ってしまったのですが、これはよくあることとしてあしらわれてしまったのが本当に嫌だったのです。生活が困難になるような状態になってしまい、本当に嫌な気分を味わうこととなりました。

弁護士に相談する

医療事故と言えるようなことで、当然これは対処してもらわなければならないと考え、弁護士の方に相談することにしました。弁護士の方なら、しっかり対応してくれると思っていましたし、医療関係の事故についても理解してくれるものと考えました。相談をしてみると、やはり医療事故のパターンであることを伝えてくれて、しっかり裁判で対応できるようにしようと言ってくれました。

納得いく結果を得るために

そのまま放置するわけには行かない事例でもありましたから、相談して本当によかったと思います。失敗しないためには、やはり相談をして、実際のことを伝えておかなければ駄目だと改めて感じます。相談をしたことで、医療関係の事故として裁判を起こすことが可能となって、病院側に適切な処置をしていなかった責任を問いただすことができました。相談しなければ泣き寝入りだったので、相談したことが大きなことに繋がりました。