医療現場に起こる投薬ミスを防ぐ

医療事故を考える

医療現場に起こる投薬ミス

医療現場における医療事故として投薬ミスが挙げられており、これだけ医療技術レベルの向上が目覚ましい日本におきましても無くならないとされているのです。この投薬ミスはドクターの処方ミスや看護師によるミスあるいは薬剤師によるミスなど様々な原因が指摘されているのですが、いずれにしましても患者には重大な事象が発生しておりますので、医療機関には十分な事故発生の回避策を求められているのであります。

弁護士に依頼して医療裁判

不幸にもこのような問題が発生した場合には個人が病院側を相手取って裁判を起こすことになるのですが、医療や薬剤の知識が乏しい素人では太刀打ちできないのが実情なのであります。そのために有効な方法として考えられておりますのは医療事情や薬剤などの知識に精通した専門の弁護士に裁判を依頼する手法であり、特に重大な投薬ミスが疑われる事例に関してはこうした医療裁判によって全貌が明らかとなっているのであります。

ピッキングミスを防ぐ努力

そしてこのような投薬ミスを完全に防ぐことは容易ではないのですが、基本的な行動を確実に実行することでリスクを下げることが可能であると考えられているのです。その基本的な行動とはドクターおよび看護士または薬剤師が必ず患者と共に薬剤のチェックを行うことであり、お互いに薬剤の内容や効能を十分理解することが重要とされています。そしてクリニック側は名称の類似した薬剤などを管理する際には、確認を取り合ってピッキングミスを防ぐ努力が求められているのであります。