医療過誤の被害者がすべきこと

医療行為における医療事故の概要について

近年注目されている医療施術としてレーシック手術があるのですが、100パーセント必ず成功する手術ではないということを認識する必要があるのです。これはレーシック手術における施術内容を理解しなければ、医療事故によるリスクを理解することが難しくなってしまいますので、しっかりと学習したいものなのであります。

まずレーシック手術におきましては該当患者の角膜にメスを入れる施術内容となるために、非常に難易度が高く執刀医の技術力が必要となる施術となります。当然のことながらほとんどの手術は成功しているのですが、中には執刀経験の少ない医者が担当する場合も存在していますので注意が必要なのであります。

このような場合にどのような医療事故事例が報告されているのか調べてみますと、レーシック手術におきましてはまず角膜にフラップと呼ばれているふたをレーザー照射によって作成することになるのですが、技術力や習熟度が未熟な場合には正確なフラップの作成を失敗してしまう可能性が指摘されているのであります。

医療事故・医療過誤に強い弁護士を探す

このような失敗をしてしまいますと、その後のレーザー照射も上手くいかない状態が確認されており、結果として十分な視力回復を得ることが出来ないこととなってしまうのであります。しかしこのような失敗手術に対してもクリニック側が認めないケースも多く報告されていますので、信頼のおけるクリニックを選択することが重要であるとされているのです。